強調を活用するホームページ制作

検索エンジンは、強調を表現する要素を重視します。視覚的な強調では無意味で、強調用の要素を使用する必要があります。htmlには、強調を表現する要素が2つ用意されており、その個所は、ページの中で重要な意味を含んでいるところだと解釈できます。検索エンジンは、強調を表現する要素内の文字も重視するのです。

本文中に出てくる最適化したいキーワードは、強調を表す要素を使用して強調します。検索エンジンに対して、的確にキーワードを伝えることが可能です。強調を表現する要素には、emとstrongの2種類があり、em要素は通常の強調、strong要素は強い強調を表します。

代表的なブラウザでは、em要素は斜体、strong要素は太字で表示されます。日本語では、強調を斜体で表現する習慣はありません。斜体ですと、おかしく見えてしまうかもしれません。cssを使用して斜体を解除することも可能ですが、強い強調であるstrong要素だけを使うようにしても良いでしょう。

文字列を強調するには、emやstrong要素で強調したい文字を囲みます。最適化したいキーワードは全て強調しても良いと思考します。しかし、ページによっては、太字ではなく色で表現したい時があります。その場合も、強調を表す要素を使用します。

千葉県ホームページ制作

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL